英語勉強法

ホームステイたった8日間の私でさえも実感した!ホームステイで英語力アップのススメ

投稿日:

ホームステイに興味を持った時、楽しみな気持ちと少しの不安、中には「ホームステイって英語力は伸びたりするの?」という疑問をもつ人も多いと思います。

たった8日間だけカナダにホームステイした私ですが、リスニングとスピーキングの能力が明らかに伸びたことを実感しました。

この経験から、ホームステイでよくあるシチュエーションをふまえて、英語力の伸ばし方をお伝えしていこうと思います。

 

ホームステイってどんなもの?

滞在国の一般家庭に家族の一員として生活させてもらうことです。

家族の一員ですので、ホストファミリー(受け入れ家庭のことをこう呼ぶ)内のルールを守り生活することが大事です。

自分での食事の準備は不要ですし、部屋も個室が用意されてます。

初めから生活の心配をする必要がありませんので、安心して勉学等に励むことができます。

 

ホームステイで英語力が伸びる実例

ホームステイで英語力が伸びるようなシチュエーションをすぐにはイメージできない方へ、実際にどんな状況が発生するのか、実体験からお伝えしていきます。

日常会話が全て英語

当然のことながら、ホストファミリーとの会話は全て英語です。

おはようの挨拶から始まり、トイレットペーパーがない場合や洗濯機の使い方、シャワーの使い方等々こまかい事をその都度聞かなくては解決しません。

聞くためには、分からない単語や言いまわしを調べたりしなければなりません。

この、絶対英語を使わないといけない状況に身を置くというのが、英語力アップに繋がります。

 

英語で話す機会が格段に増える

  • その日あったこと、学校での様子をホストファミリーに聞かれる
  • ホストファミリーの友人が訪ねてきて、自己紹介や日本のことを聞かれる
  • ファミリーに小さいお子さんがいる場合はよく話し相手になってくれる

こういった状況はホームステイをしなければ経験できるものではありません。

頭をフル回転しながら英語を使うことになりますが、「ちゃんと伝えられない…」「単語がわからない…」というように、焦ったり、悔しい思いをすると思います。(私は最初は毎日そうでした)

でも、嬉しいような悲しいような、ホームステイをしていれば同じような機会はまたすぐやってきてしまいます。

しかし、場数を踏んでいくといつの間にか会話のキャッチボールが出来るようになってきて、英語力が伸びたことを実感できます。

現地の生活を身近に知ることができる

ホームステイをする中で、ネイティブスピーカーの会話スピードの速さとスラング等の独特の言い回しは、身近で生活しているからこそ知り、感じ、慣れることができます。

ホストファミリーは、留学生に対しては分かりやすい単語を使ったり、ゆっくりとした英語で話してくれることも多いですが、ファミリー同士や友人と話をする時の会話スピードは、とても速いです。

私も初めは、何と言ってるのかわかりませんでしたが、ホームステイ後半には単語がところどころ聞き取れるようになってきました。

これは、ホストファミリーと身近に生活でき、ネイティブの英語に耳が慣れたことによると思います。

また、現地生活と日本の違いに疑問を持ったら質問してみることをおすすめします。

なぜなら、誰しも自国の文化や自分たちに興味を持ってくれることに悪い気はしませんから、いろんな事を教えてくれたりします。

そうすることで、会話が弾んだりもしますよ。

会話はすればするほど英語力が伸びるので、良い機会になります。

物おじせずに話せるようになる

海外での生活は、ホストファミリー以外と会話する機会も多くあります。

  • バスの乗り方が分からないとき
  • 道がわからないとき
  • 入ったレストランでメニューのことを詳しく知りたいとき

上記はほんの数例ですが、ホームステイをしている場合、ホストファミリーとの会話での慣れもあり、あまり物おじせずに話しかけることができました。

英語は使ってみないと自分の英語が相手に通じるのかどうかわかりません。

ホストファミリー以外と話をしてみることで、自分の英語がうまく伝わるのかどうかという指標にもなり、上手く伝わった時は「やった!!」と嬉しくなります。

こういった経験から自信が付き、色んな人とも話してみたくなり更に英語力が伸びます。

 

ホームステイをした後の英語力アップの実感/体験談も調べてみた

ホームステイで貴重な経験をした後、自分の英語力は伸びたのか?とても気になりますよね。

そこで、私の実感と体験談も調べてみました。

緊張せずに話しかけることができる

英会話学校へ通っていた私は、ホームステイに行くまでは、緊張と恥ずかしさから、ネイティブティーチャーへ自分から話しかけることは極力していませんでした。

ホームステイ後は、自分の英語力を試してみたいとの思いから、積極的に話しかけるようになり、緊張や恥ずかしさは無くなっていました。

ちゃんと会話が成立するようになったと感じ、「自分の英語力は伸びたんだなぁ」と実感しました。

 

TOEICのスコアが伸びた

英語力が伸びたことを実感する分かりやすい指標が、テストや試験を受けてみることです。

TOEICは、広く知られている試験で、就職の際の指標になったりしているので受けてみて損はないです。

私のTOEICスコアは、ホームステイ前より約60点ほどアップしました。

ネットで他の方の体験談を調べてみると、ホームステイ後はスコアがアップしたという体験談が本当に多く、中には400点から600点にアップした等大幅にアップした実例もたくさんあります。

 

英語力アップにかなり効果があるのは分かったが、注意点も考えてみた

ホームステイは英語力の伸びにとても有効ですが、注意点もあります。

 

ホームステイ先の状況・環境

滞在するホームステイ先の状況や環境に、英語力の伸びは大きく左右されることがあります

  • ホストファミリーがほとんど家にいないので英語で会話する機会があまりない
  • 移民家庭がホストファミリーのため、英語が上手く伝わらない
  • ホストファミリーとのトラブルが発生したため、会話どころじゃない

上記のような場合、英語を積極的に使うチャンスがあまりなく、モチベーションも下がるので、英語力の向上は残念ながら厳しいと思われます。

もし、このような状況になってしまったら、ホームステイを手配してくれた会社等に相談しましょう。

相談しても何も対処してくれない会社等もあるようですので、ホームステイをする前に、口コミや経験した方に聞いたりして、信頼の置ける会社にホームステイの手配などをお願いしましょう。

 

努力することも大事

ただ滞在しているだけでは、英語力はあまり伸びません。

  • 自分から、積極的に会話する
  • ホストファミリーと出来るだけ一緒の空間にいるようにする
  • 郷に入れば郷に従えの気持ちで生活する

というような、行動・気持ちで生活しましょう。

 

ホームステイ以外の滞在方法は?

これまでホームステイのことだけお伝えしてきましたが、「ホームステイ以外の滞在方法でも英語力伸びるんじゃない?」と思っている方に、他の滞在方法と比べた場合のホームステイの利点もお伝えします。

寮生活

留学先と地理的に近い場合が多く、他の国からの留学生もいるため、多くの異文化体験ができる等の利点はあるが、ネイティブな英語に触れて、英語力を伸ばす機会となると、ホームステイの方が断然多くの機会に恵まれるので有利と思われる。

シェアハウス

自分の希望の滞在先や滞在スタイルを選べたりできるが、シェアメイトが日本人の場合は英語力のアップはかなり努力が必要。

他国の留学生とのシェアになった場合も、シェアメイトとトラブルが発生した時や食事の事など、自分で解決せねばならないことが数多くあり、英語力が最初からある程度ないと厳しいと思われる。

その点ホームステイは、食事・寝る場所の心配は無用で安心。

 

まとめ

ホームステイは、英語力アップにかなりの効果があることが分かっていただけたでしょうか?

ホームステイしただけでは効果はあまり感じれらないと思いますが、現地の生活・人々・文化に敬意と興味を持って生活すれば、英語力だけでなく人間力の成長にも繋がると思います。

この記事が、これからホームステイを希望している方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

-英語勉強法

Copyright© おうちホームステイの効果を検証!海外で本当に通用するか試して見た! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.